シンガポール会社設立・経理総務アウトソーシング・各種コンサルティングサービス
三浦コラム&お知らせ|よく寄せられる質問
  • HOME »
  • 三浦コラム&お知らせ|よく寄せられる質問 »
  • 三浦コラム

三浦コラム

【三浦コラム】ナショナルデーラリー2019について

シンガポールの首相が国民に語りかけるナショナルデーラリー(NDR National Day Rally)が行われました。大きくは以下の3点 プレスクールに通う子供を持つ家庭・大学生学費の補助拡充/定年年齢と55歳以上のCPF(Central Provident Fund Board 中央積立基金)積立率の引き上げ/これからの気候変動へのシンガポールとしての対応

【三浦コラム】年金制度(3) / シンガポールの年金制度

シンガポールの年金制度を語るに欠かせないのは、年金実施機関であるCPF(Central Provident Fund Board 中央積立基金)であり、当機関がシンガポール居住者(国民・永住権保持者 *永住権を持たない外国人は除く)のCPF口座を管理管轄します。CPF口座への積立金は、老齢年金・住宅購入資金・医療費用・指定保険購入などで利用可能ですが、ここでは主題の老齢年金(以下、年金と記載)について取り上げます。

【三浦コラム】年金制度(2) / 日本の年金制度

日本の公的年金は、国民年金と厚生年金の2種類。老後を支える大切な老齢年金制度、これらの概略をご説明いたします。

【三浦コラム】年金制度(1) / 日本とシンガポールの違い

三浦コラム、今回は日本とシンガポールの年金制度の違いについて、簡単な表でご説明します。

【三浦コラム】シンガポールの定年後の再雇用制度について

シンガポールの定年後の再雇用制度について:シンガポールの定年は現在62歳以上とされています。定年を過ぎての雇用関係については、労働規約に沿って、あらかじめ比較的早い時期に会社と該当社員の間で話し合いを持ち、互いの意向を確認するなどの措置が必要です。

【三浦コラム】2019年度のシンガポールの予算発表について

シンガポールの予算発表。次の総選挙に向けてと考えられる新たな世代への支援金などが組み込まれる中、シンガポールに住む日本人が注目したいのは、やはりSパスの枠の問題です。

【三浦コラム】シンガポールの次期首相候補について

先日、与党PAPの役員人事が発表され、書記長第1補佐に(1st Assistant Secretary-General)にヘン・スイキャット(Heng Swee Keat)が就任しました。その結果から、次期首相の最有力候補は財務大臣だということが明確になりました。

【三浦コラム】シンガポールの人口動向についての考察

外国人を含む全ての人口は、563.87万人であり、その内居住者とされる人口は399.43万人。399.43万人(シンガポール人が347.19万人、永住権保持者が52.23万人)

【三浦コラム】2018年ナショナルデーラリーについて

生活物価の上昇については、演説では話題としては触れたものの当然ながら「これだ」という有効な解決策は示されず、どう節約するかが個々人の生活にゆだねられた感が強かった

【三浦コラム】米朝会議のホスト国、シンガポールの得たもの

ひとつ言えるのは『利を得たのはシンガポール』だという事です。

1 2 3 11 »
PAGETOP